春のできごと

久々のブログ更新となりました。

また、きすげこども園でのさまざまなことを、ブログでご紹介してまいりますので、

よろしくお願いします。

更新していなかった春のあいだのできごとをまとめてみました。

 


今年は、こども園の2年目。

乳児保育園から数えて、12回目の春を迎えました。

 

はな組(3歳児)さんはほし組さんに進級し、おひさまグループはわんわん(2歳児)さんから進級したはな組さん、新しいお友だちも増え、少し広いお部屋にお引っ越しをしました。



今年も花まつりをしました。乳児のちいさい子どもたちには分かりづらい行事かもしれませんが、おひさまの子どもたちは、甘茶をかけたり鈴(りん)をならして、お作法のようにしてお参りをしました。



 

今年は、早く咲いた桜。

花びらの舞い散るあたたかな日、おひさまグループさんはビニール袋でつくった「手作り凧(たこ)」をあげて遊びました。



 

下赤谷地区のシャングシャング馬という行事を見に行ってきました(4/18)。樽ヶ橋でのイベントの部分だけでしたが、衣装を着けた本物の馬の大きさや鳴き声を実感して、地域に伝わる行事を体感しました。

そのあと、樽ヶ橋の大きな橋を下から眺めたり、体を動かしてきました。



 

春の胎内市と云えば、チューリップ。

長池公園のチューリップを見に行きました(5/1)。パッチワークのようなチューリップ畑を歩き、菜の花の迷路を駆け回って楽しみました。



 

きすげこども園では、季節ごとの行事を楽しみにしています。

55日のこどもの日。端午の節句は、こいのぼりを作って思い思いに楽しみました。



 

きすげ農園の春は、苗植えの季節。

 

ナスやキュウリ、ミニトマトなどの夏野菜の苗を植えました。

 

 



おイモさんは、土のなかで育ちます。

ジャガイモのタネはジャガイモ。種イモを植えて、そこから土のなかに、たくさんのおイモさんができていきます。



 

にゃんさんは、プランターにミニトマトを植えてみました。

バケツにお米の苗も植えてみました。



 

今年の遠足は、何年かぶりに雨の降らない遠足になりました。乳児さんの「樽ヶ橋遊園」は、すこし肌寒さも感じられましたが、おひさまグループは新潟の「寺山公園」という公園へ、大型バスで行ってきました。

 

遠足前の「おかいものごっこ」。遠足のおやつをお買い物しました。

 

おひさまさんは、近くの八百屋さんにホントのお買い物に行きました。

 



 

もうすぐ、7月。

 

おひさまグループは、プールテラスでのプールが始まります。

 

毎年恒例の「夕涼み会」もあります。

 

 

 

活動的な夏のようすも、ブログで紹介していきたいと思います。