胎内市幼児交通安全教室。

 

毎年この時期になると、胎内市の交通安全指導員をされている皆さんがお見えになり、子どもたちに交通安全の指導をしてくださっています。

 

 

 

まずは、腹話術や指人形を使って分かりやすく話をしていただきました。

 


 

 

 

そのあと、ネコのみーちゃんが登場し、子どもたちに横断歩道の渡り方を実演。


先に横断歩道を渡ったみーちゃんと、握手をしてもらいに、みんなもみーちゃんにならって、上手に横断歩道を渡ります。


一人ひとり上手に渡ってミーちゃんと握手してもらいました。


 

交通安全指導員の方々から、子どもたちには

 

①道路であそばないこと

 

②右・左を見て、もう一度右を見てから横断歩道を渡ること

 

を伝えていただきました。

 

わかりやすい「ももたろう」の替え歌も披露してくださいました。

 

 

交 通 安 全 の 歌

(ももたろうのうたの替え歌で)

 

 

1.とびだすな とびだすな

 

いったん止まって みぎひだり

 

いったん止まって みぎひだり

 

                         2.あぶないぞ あぶないぞ

 

                           とまった車の まえうしろ

 

                           とまった車の まえうしろ

 


お手紙でもお知らせしてありますが、

これから雪道で道路状態も悪くなりますが、保護者の皆さまには、くれぐれも安全運転でお願いします。

 

 

 

「少しの距離だから…」と油断せずに、チャイルドシートを使用しましょう。

 

後部座席でも必ずシートベルトを締めましょう。

運転席と助手席の間に立つことは、大変危険です。

 

正しい方法で乗車して、大切なお子さんとご家族の命を守りましょう。