くろかわ茶屋へ。

 

先日、こども園のすぐ近くにあるグループホーム黒川で開かれた「くろかわ茶屋」という地域交流イベントにお招きいただき、はな組さんが訪問してまいりました。

 

いつもの小さな園バスで出かけます。みんなでクルマに乗ると、それだけで楽しそうです。

 



 

グループホームに到着し、まずはごあいさつ。

 

グループホームのご利用者の皆さん、地域の皆さんがお集まりになって、はな組さんの訪問をあたたかく歓迎してくださいました。

 

 

 

 

手づくり看板まで作ってくださっていて、子どもたちは風船の飾りに大喜びしていました。

 

 



 

その日は、生活発表会の演目を披露しました。

 

お部屋の一角をお借りして、準備。

 



 

そろいのお祭り衣装でバチを振る元気な子どもの姿に、皆さんから自然に手拍子や声援と笑顔がこぼれ、子どもたちもいつも以上にはりきっているようで、楽しそうです。



 

もうひとつ、音楽劇「大きなカブ」。

 

衣装を替え、今度は役柄ごとに違う衣装。おじいさん、おばあさん、子や孫に、犬とネコ。それぞれお気に入りの衣装です。

 

だんだん、子どもたちもこの会の雰囲気にもなじみ、リラックスして楽しみながら劇をしているようでした。

 

 

ご覧になっている皆さんの反応も、ひとつひとつあたたかく、登場や大きな動作の場面では、歓声や笑い声が上がり、楽しい雰囲気となりました。

 



 

緊張の生活発表会とはひと味違った、体で表現をする楽しさを子どもたちは味わえたでしょうか。

 

 

 

このあと、グループホームでいつもされているという体操をいっしょにしました。音頭であったり北国の春など、子どもたちにはあまりなじみのない歌でしたが、グループホームの職員さんや利用者さんの動作をまねて、いっしょに楽しみました。

 


 

お茶とお菓子の準備をしていただいてるあいだ、皆さんと「大きな栗の木の下で」をいっしょに歌って、そのあとにお茶とお菓子を皆さんといただきました。

 

 

 

お帰りのまえに、グループホームさんが子どもたちにお土産を用意してくださっていて、それをもらった子どもたちは、驚きとうれしさを跳びはねて体で表現。用意してくださったグループホームの職員さんも、予想外の子どもたちの反応によろこんでおられました。

 


 

同じ地域のなかで、お年を召した方であったり、介護を必要とされる方が生活をしておられ、子どもたちもまた、この地域のなかでこども園の生活をしています。

 

子どもたちをご覧になってくださる皆さんのご様子であったり、皆さんから歓声をうけ笑顔で見守ってもらう子どもたちの様子は、和やかであり安心感に包まれた雰囲気のなかにありました。

 

わたしたちは地域のなかで支え合うことの大切さを感じ、子どもたちのこれからの成長のなかに、地域や人とのつながりの大切さを感じとれる機会を、活動のなかでつくっていきたいと思います。

 



 

手づくり看板の風船は、子どもたちにプレゼントしていただき、はな組の入口に飾らせていただきました。

 

皆さん、ありがとうございました。