生活発表会。

 

こども園では、音楽遊びや身体表現活動を、普段の生活のなかで行っています。

 

『生活発表会』は、こども園での生活を、おゆうぎや楽器あそびの発表を通して、子どもたちの表現的な成長やできることを実感してこころの成長も、皆さんにご覧いただきたい行事としています。

 

 

 

今回のブログでは、ステージ裏や出番前のお部屋での様子をご紹介します。

 

衣装に着替えて、出番を待ちます。



 

ステージに上がる前、子どもたちの緊張をほぐすように、保育教諭が子どもたちと関わっています。

 



 

わん(2歳児)さん、はな(3歳児)さんほど、なにげに出番前の緊張感が伝わってきます。

 



 

いよいよ出番前。体を動かしたりお話をして、こころをほぐしてステージに向かいます。

 



 

ステージへの袖(そで)は、いやが上にも緊張感が高まります。それを楽しんでいるような子もいれば、泣き出してしまう子もいます。ここで、保育教諭は声を出したり振り付けを踊ったりして、子どもたちの気持ちをつくって、ステージへ送り出します。

 



 

幕が開く直前。

 

2歳児(わん)さんは、始まりのポーズを決めてしっかり幕が開くのを待っています。

 

 



 

ステージの上は、熱を感じるくらいに照明が当たり、会場の皆さんの視線がぎゅっと集まっています。そんななかで、元気いっぱいに音楽に合わせて体を動かしています。

 

最後のポーズを決めて、ステージを下がるわんさんの背中にも、何か安堵(あんど)感が漂っているようにも見えます。

 



 

最後に音楽劇をするはな(3歳児)さんは、ステージ袖で、下りてくるわんさんにハイタッチをしてねぎらい()。わんさんも、これからステージに上がるはなさんを応援しているようにも見えます。

 

 

子どもたち同士で、こんなふうに緊張感や高揚感を味わっているのかもしれません。

 



 

そして、最後にはなぐみさんの『大きなカブ』。

 

間もなく幕が開く前のようす。子どもたちはもちろん、保育教諭からも緊張感が伝わります。子どもたちを信じて、きっとうまくいくことを思うばかりです。

 



 

反省会では、はなぐみ担任から、これまで練習してきて、本番がいちばんよくできましたとのこと。

 

生活のなかでの身体表現や音楽活動を通して、できた”“できるんだということを実感し、こころの成長につながるような取り組みにしています。

 


 

ちなみに、ステージのほうから見ると、こんなふうに見えます。

 

職員合奏では、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ「彼こそが海賊」と「あわてんぼうのサンタクロース」を披露しました。

 

職員も、緊張します。

 

 

 

 

 

※)写真は、一部加工しております。ご了承ください。



 

生活発表会が終わってからも、クラスでは発表会のおゆうぎをしたり、音楽遊びを普段の生活のなかで行っています。発表会前より、楽しみながら自信を持って体を動かしているように見えます。

 

きすげこども園では、普段の活動を発表したり評価できる場として、行事をひとつずつ大切にしています。

 

発表会が終わると、クリスマス会。そして年の瀬。

 

昔から日本人の生活に溶け込んできた年中行事のように、園の行事もまた、生活に溶け込んだものとして大切にしていきたいと思います。