七五三。

 

1115日は、七五三の日。

 

きすげこども園の七五三では、きすげ神社の鳥居とお社が現れ、きすげの子どもたちがお参りをしてくれます。

 

まずは、日本独特の年中行事である七五三のお話をして、それから子どもたちはきすげ神社にお参りをしました。

 


 

鳥居をくぐって鈴をならして、お参りをしました。

 

にゃんにゃんさん(1歳児)になると、保育教諭といっしょに、お参りの所作をします。くぐってみたり、音を鳴らしてみたり、なんか面白い…。

 

お参りが終わったら、子どもたちは千歳飴を持って帰りました。

 

 

はな組(3歳児)さんは、背筋もピッとして、お参りの所作もしっかりできます。



 

そして、はな組さんは、近くにある大蔵神社まで歩いてお参りにでかけました。

 

近くといっても、約2kmを歩いて行こうと出発しました。

 

きっと、今年最後の秋らしい良いお天気のなか、保育教諭と子どもたち、手をつないで励ましあったりしながら、一生懸命歩きました。

 

長い坂道を登り、やっと大蔵神社の前に到着。

しかし、意外とみんな元気で、まだまだ歩けそう。

 

大蔵神社には、さらに長い階段があります。

子どもたちは元気に上って、今度は本物のお社にお参りしました。

 

千歳飴を上げさせていただき、お参りしたあと、みんなで持って帰りました。

 

 

春のころからみても、子どもたちはこころもからだも大きくなっています。


 

子どもたちのすこやかな成長を祈って、七五三でお祝いをしました。