中条まつり。

 

中条まつりは、熊野若宮神社のおまつり。

まずはお参りをして、境内を歩いていると、ちょうど中条小学校のマーチングバンドの演奏がはじまり、おまつりらしいにぎやかな雰囲気と人だかりに、子どもたちは「何、なに?」と興味津々でした。


 

おまつりのお店をそぞろ歩き、「あれ食べたい!」「これいいなぁ!」と、興味は広がるばかりでしたが、そこは夜にまた家族のみなさんと

 



 

天気にも恵まれ、さわやかな秋晴れのおまつりでした。

 

はぐれないように、しっかりと手をつないだ5人のはな組の子どもたち(1人お休み)。


 

クルマを置かせていただいた善良寺の境内で、ひと休み。

 

 

おまつりには、家族の皆さんとも出かけた子がほとんどでしたが、子どもたち同士で出かける機会をつくってみました。

 



 

中条小のマーチングバンドの演奏前、これから始まる演奏を前にして、見に集まった人たちがだんだん静かになってくると、おしゃべりをしていたはな組さんにも「しぃー」と声かけ。またおしゃべりをしてしまうと、保育教諭から「しぃー」の仕草に、おしゃべりをするおともだちに、はな組さんも「しぃー」の仕草。

 

すこしずつ、いろいろな社会や生活の場を経験しています。

 

 

 

また秋晴れのうららかな日に、6人の子どもたちとお出かけをしていこうと思います。